HOME > 交通事故治療

交通事故治療

ご存知ですか?

交通事故の後遺症は接骨院で治せます!

交通事故治療とは、一般的に交通事故が原因の痛み
(むち打ち症、腰痛、手足のしびれ、痛み、だるさ、不快感 など)の治療のことを指し、
主に自賠責保険による治療のことをいいます。

当院では、交通事故・自動車事故が原因の様々な症状でお悩みの方、
また、治療を受けているが、思ったように治らなくて困っている等の方々のご相談に応じております。
※交通事故の場合、自賠責保険により治療費が出るので、治療費や診断書料を負担することは一般的にはありません。

交通事故では、日常の怪我では傷めないような部分もダメージを受けることが多く、
放置すると痛みや機能障害、2次的障害(肩こりや腰痛)へと発展することもあります。
そうならないためにも、早期の治療と完治するまで通院される事をおすすめします。

レントゲンなどで原因がわからないむち打ち症等は、当院の頚椎、背骨、骨盤矯正、ハイボルテージ、鍼灸(はり・きゅう)非常に効果的です。

補償対象

治療費
診察料、通院の費用、転院の費用、入院の費用、入院料、投薬の料金、応急手当の費用、
手術の料金・処置の料金、等...※接骨院での施術もこちらに含まれます。

交通費
自家用車のガソリン代や公共交通機関かタクシー、有料駐車場などの通院する際の交通費が補償されます。 その際、領収書などは大事に保管して下さい。

休業損害費

自賠責保険基準では基本的には1日5,700円が補償されます。
また、日額5,700円を超える収入がある事実を証明できる場合には、19,000円を上限とし、
下記の計算式による実費が保証されます。
給与所得者やパート、日雇い労働の方、主婦の方、事業所得者の方も対象となる場合があります。

慰謝料
慰謝料とは、【交通事故により被害者が受けた精神的な苦痛】に対して支払われる賠償金です。
1日4,200円が支払われます。

交通事故から治療に向けて

治療の一番大切なポイント のイメージ
治療の一番大切なポイント
  • 早期の治療をすること
  • 状態に合わせた治療をすること

軽いケガだと思って放っておくと、後々痛みや痺れなどの症状が出てくることも少なくありません。
また、目に見えるひどい外傷がなくても、倦怠感やだるさ、
頭痛や吐き気、不眠症状などで悩まされることが非常に多いのです。
ですから早期治療が大切であり、同じ症状でも状態はさまざまですので、その人の体の状態に合った治療こそが一番良い治療といえます。

その為には、状態に合わせられる幅広い治療技術を持ち、治療器具を有することが大切です。
当院ではそういった方々の早期回復に向けて、患者さんの痛みを少しでも早く取り除く為に、経験豊富な院長による手技療法やマッサージ、頚椎、背骨、骨盤矯正、ハイボルテージ、鍼灸など、患者さんにあった治療を選択します。

庄内はりきゅうマッサージ接骨院で交通事故の治療を行う5つのメリット

交通事故治療の流れ(治療)

電話および、直接ご来院のイメージ
STEP 1 電話および、直接ご来院

治療をご希望の方は直接お越しください。
予めお電話を頂きますと対応がスムーズになります。

その際に以下のことをご準備ください。

  • お取扱いの保険会社ご連絡先(ご担当者名)
  • 病院受診の方は診断名もしくは、レントゲン撮影した部位

問診表の記入のイメージ
STEP 2 問診表の記入

交通事故の後遺症治療にあわせて問診をさせていただきます。

その際に以下のことをお伺いします。

  • 事故が発生した日時、状況
  • 医師の診断内容
  • ケガの症状
  • お取扱い保険会社の確認

当院にて、保険会社へ手続きを行います。

触診のイメージ
STEP 3 触診

怪我の状態を触って確認します。
痛み具合、腫れ、患部に熱をもっているか、機能障害があるかなどを、
いくつかの検査やテストを行って調べた上で、治療のプランを組み立てます。

治療の開始のイメージ
STEP 4 治療の開始

症状に合わせて、手技療法やマッサージ、頚椎、背骨、骨盤矯正、ハイボルテージ、鍼灸などの中から、治療プランを決定し、治療をします。
同時に日常生活での注意点や、できる部位のリハビリ等も行っていきます。

治療の終了のイメージ
STEP 5 治療の終了

症状が改善されたら、治療完了です。
症状により個人差はありますが、3~6ヶ月程度で完治することが通常です。
保険会社に治療が完了した旨を報告し、その他の費用を計算してもらいます。
明細の入った示談内容書を確認し、納得がいけばサインをして完了となります。

もし交通事故に遭われたら

  • もし交通事故の被害者になってしまったら、速やかに適切な行動をとることが重要です!

  • 加害者の運転免許証を見せてもらい、住所・氏名を確認。
    車のナンバーも必ず控えておきましょう。

  • 交通事故現場を確認し、見取り図を作成したり、写真(交通事故車・現場)を撮っておくことが大切です。

    これは事故当時の記憶が薄れたり、現場の様子が一変してしまうこともあるので、事故後なるべく早めに行動しましょう。

  • 加害者は事故の報告をする義務がありますが、被害者からも届出を忘れず行いましょう。

    その時は症状が出ていなくても、後々痛みがでることもあります。
    必ず届出を行い、『交通事故証明』を申請してください。
    これは保険金の請求手続きの際に必要になります。

  • 「たいしたことはない」と思っていても、意外に重症である場合もあります。

    事故に遭ったら専門家(医師・柔道整復師など)の診察を受けることが大切です。
    また診断書を発行してもらい、必ず所轄の警察へ提出してください。
    診断書を提出しないと人身事故の扱いになりません。診断書を提出することで、自賠責保険への治療費の請求が可能となります。

  • 自分の加入している自動車保険会社や代理店へ、事故に遭遇し被害者になってしまった旨を報告してください。

    搭乗者保険を掛けている場合、運転者のみならず同乗者にも入院や通院時の医療補償がついていますので、請求することができます。

  • 保険会社の担当に通院(入院)する医院を伝えてください。

    あくまでも通院(入院)する医院は患者さんが決めるものですので、救急車で運ばれた病院にしか通院(入院)できないということはありません。

大きな地図で見る

住所

〒451-0082
愛知県名古屋市西区大金町4丁目1

最寄駅

名古屋市営地下鉄鶴舞線
「庄内通」駅 徒歩1分

受付時間

午前9:00~12:00
午後4:00~8:00
(土曜日のみ、8:00~12:00)

休診日

土曜日午後、日曜日、祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2017/04/20

ゴールデンウィークの休診のお知らせ
4月29(土)、4月30日(日)、
5月3日(水)~5月5日(金)

休診とさせて頂きます

2016/12/05

年末年始の休診のお知らせ
平成28年12月31日(土)~
平成29年1月5日(木)
は休診とさせていただきます。

  • RSS配信
  • RSSヘルプ